top
 ISO環境マネジメントシステム
企業と社会を結ぶパスポート
エコ・サイエンスは認証取得をサポートします。
当社では、EMSコンサルティングにおいて、当社独自の構築システムを提供いたします。
当社システムは、EMS構築全般にわたり、経営に役立つシステム創りを目指すものです。
また、当システムはEMS構築事務局の方の効率的業務推進と効果的EMS構築を可能にいたします。
  エコ・サイエンスEMS構築システムの提案
1 効率的な環境側面抽出手法の採用
環境側面抽出の作業は、EMS構築全体の作業効率及びEMSが企業に役立つツールになるかどうかを決定する要素をもっています。当社システムは、このキー作業である環境側面抽出に独自の手法を用いて、作業負担を最少化し、かつ質の高いEMS構築を可能にいたします。
2 環境法規特定システムの活用
当社の開発による環境法規管理システム(Eco-Law)の環境法規制特定システムを活用し、漏れのない環境法規制の特定を行います。この特定システムにより、特定作業は大幅に軽減されることから、EMS構築期間の短縮に寄与します。
Eco-Lawには環境法規57法がEMS関係者に利用し易い情報として提供されており、環境法規制特定システムはその中の1つのメニューです。
3 環境法規の解説サポート
環境法規の理解はEMSの構築、その後の運用に不可欠の要素です。当社システムでは、環境法規の特定段階、特定後において、環境法規の専門家による講義を実施します。また、Eco-Lawの運営ノウハウをEMS構築に活かして、効率的な法規制管理を提供します。EMSの重要な要素である法規制管理システムは環境法規の専門家が法規制の特定から遵法評価まで一貫してサポートします。
4 機能重視の文書作成
EMSには大量の文書を必要とする、作成するのも、管理するのも大変と考えている人がいます。本当にそうでしょうか。規格が求めている文書類は多くありません。必要なことは、EMSに関わる人たちが活動し易くすることです。文書類は正しい活動をするための便利な道具と考えて、利用者に分り易く使い易いものでなければなりません。当社は、顧客の実情に適った雛型文書を提供します。また顧客の実情に適った文書体系を提案します。
5 実戦的規格理解
多くの方がISO14001規格を理解するのは大変と言われます。確かに、簡単に、短時間で理解できるものではありません。しかし、規格の理解はEMS構築のファンダメンタルズです。自社の具体的作業と関連付けて、その都度繰り返し説明を受ければ、相当理解し易くなります。作業目的、規格との関連性を明確にすることが規格理解を促進させることになります。これが実戦的規格理解の方法です。
6 内部環境監査員教育の徹底
内部環境監査員教育は、EMSの構築において、大変重要な要素と考えています。そのため、オプションではなく、必須アイテムとして位置付けています。それは、顧客のEMSを前提とした内部監査員研修がEMSの質を高める上で、重要と考えるからです。また、EMSの運用において、即戦力として中核となる人材の育成にも繋がると考えるからです。
7 第三者による模擬審査
当社の構築システムでは、模擬審査を単に本審査への準備としてではなく、構築したEMSの仕上がり確認として位置付けています。そのため、システム構築に携わっていない第三者により本審査と同様のスタイルで「模擬審査」を実施いたします。審査には主任審査員資格を有する現役の審査員を当て、質の高い仕上げ確認を行います。こうした複眼的チェックにより、システム上の漏れを最少化することを可能にしています。
8 コミュニケーションの重視
EMS構築は組織の実情を反映したものでなければなりません。顧客の考え方、会社の仕組み、意志決定のプロセス、企業の価値観等を十分に踏まえることが優れた、会社に役立つEMSの構築に絶対必要であると考えています。そのため、経営者、事務局関係者等との緊密なコミュニケーションを重視します。
環境側面の抽出は単なる事務作業ではありません。会社の実態を踏まえた視点からのアプローチがEMSの良否を左右します。EMS構築後の運用を意識したシステム作りはコミュニケーションがベースになります。
なぜ、経営に役立つEMS構築ができるのか
なぜ、EMS構築期間の短縮が可能になるのか
参考説明資料
エコ・サイエンス - EMS構築システムの他社との比較
EMS構築の4要素と担当者の苦労
エコ・サイエンスはここが違います
エコ・サイエンスのコンサルティング方針
エコ・サイエンスのコンサルティング・メリット
なぜ、こんなに増加を続けているのでしょうか
環境マネジメントシステム導入の必須条件
認証取得までのスケジュール